TOKYO MER~走る緊急救命室~

日曜劇場【TOKYO MER走る緊急救命室】7話のネタバレ!城田優が喜多見に近づく今後のキーパーソンに

日曜劇場【TOKYO MER走る緊急救命室】7話のネタバレ!城田優が喜多見に近づく今後のキーパーソンに

TBSの日曜劇場枠で放送されているドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」の7話のあらすじやネタバレ・感想、見逃し配信や無料動画の視聴方法などを紹介していきたいと思います。

「TOKYO MER走る緊急救命室」も後半戦に突入し、新キャストが続々登場しています。

これからどのように物語が動いていくのか、非常に楽しみですね!

それにしても城田優さん、SPECの頃から全然変わらないですね!

それでは7話のあらすじから見ていきましょう。

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」7話のあらすじ・ネタバレ

外国人労働者が原因不明の症状を訴え、出動したTOKYO MER。

集団食中毒事件と思われたが、なぜか現場は多くの警察官によって占拠されていた。

事態の真相が見えないまま傷病者を搬送しようとする喜多見幸太(鈴木亮平)だったが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れ、患者の身柄を拘束してしまう。

この事件の背景には、政府を揺るがす大きな事件と驚くべき喜多見の秘密が…それは喜多見の「空白の1年」にも繋がっていた!

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」7話のネタバレ・感想

第7話からは、その喜多見の“空白の1年”を追う新章のキーパーソン、公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が登場。

そして、喜多見に近づく謎の男・椿の登場により、物語は大きく動きだす。

第7話で喜多見たちTOKYO MERは、清掃会社で起きた集団食中毒事件の現場に出動。

しかしそこにいたのは不法就労で働く外国人労働者と、多くの警察官たちだった。さらに、救助中に起きた爆発事故により大勢の負傷者が出てしまう。

その裏では、世界的なテロ組織・LP9が政府に無謀な要求を突きつけていた。政府が対応に苦慮する中、喜多見とTOKYO MERメンバーは、公安刑事・月島ら警察の制止を無視して傷病者たちの救命・救出を行い、一人の死者も出すことなく無事に事件は解決した。

しかし、事件現場には救急隊員に変装して喜多見に近づく謎の男・エリオット椿だ。事件の後、喜多見に「約束は果たしますよ、喜多見先生」という意味深なメールを送り付けた椿。

医師・喜多見とテロ組織の椿はどんな関係なのか。喜多見と椿が交わした“約束”とは何なのか。

椿はTOKYO MERの存亡を揺るがすキーパーソンとなっていく。

城田が演じるのはエリオット椿。TBSのGP帯連続ドラマに出演するのは『表参道高校合唱部!』(2015年放送)以来、また日曜劇場に出演するのは今作が初となる。

『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』(2010年放送)で怪しさを纏ったヒールキャラクターを演じた城田が、本作で再び謎の男を演じる。

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」7話のTwitterの反応・感想

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

-TOKYO MER~走る緊急救命室~
-

© 2021 日曜劇場2021ネタバレの絵本