TOKYO MER~走る緊急救命室~

日曜劇場【TOKYO MER走る緊急救命室】最終回のネタバレ!続編や映画化は?

日曜劇場【TOKYO MER走る緊急救命室】最終回のネタバレ!続編や映画化は?

TBSの日曜劇場枠で放送されているドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」の最終回のあらすじやネタバレ・感想、見逃し配信や無料動画の視聴方法などを紹介していきたいと思います。

遂に最終回を迎えた「TOKYO MER走る緊急救命室」。医療のヒーローのように描かれた今作は、最終回に19.5%という高視聴率を叩き出し、早くも続編を望む声が非常に多いです。

それでは最終回のあらすじから見ていきましょう。

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回のあらすじ・ネタバレ

最愛の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見幸太(鈴木亮平)はMER脱退を告げる。

都知事の赤塚梓(石田ゆり子)は意識不明のまま生死の境をさまよっていた。

そして、音羽尚(賀来賢人)は大物政治家・天沼夕源(桂文珍)に逆らえないまま、遂にMER解散が決定しようとしていた…。

そんな中、エリオット・椿(城田優)による連続爆破テロで東京中が炎上!

多くの負傷者が出るが、喜多見も音羽も出動せず、ERカーの使用も禁じられてしまう!

最大のピンチを迎えたメンバー。

しかし、その時…喜多見の心を震わせる「言葉」が響いた。

TOKYO MERの最後の出動の物語。

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回のネタバレ・感想

これまでの全てはこの1話のためにあった。最終話は、命を救うことへの深遠な問いを残して幕を閉じた。

涼香(佐藤栞里)を失い、喜多見(鈴木亮平)は生きる力をなくしていた。椿(城田優)の狙い通り、喜多見は医師として再起不能な状態に陥り、MERのメンバーの前でも弱気な発言が口をついて出る。

「俺たちがやっていたことは本当に正しかったんですかね」。両親に続いて妹も救えなかったことで、喜多見は自分を責めていた。

そんな中、TOKYO MERの処遇をめぐって厚労省の最終審査会が開かれる。幹事長の天沼(桂文珍)は、献金疑惑に対する世間の目を逸らさせるため、審査会で音羽(賀来賢人)に喜多見とテロリストの関係を証言させ、大々的にマスコミに報道させようとしていた。

審査会でMERの存続を訴えようとするMERのメンバーを音羽は制止し、MERと関係を絶つように告げる。

時あたかも同時刻に世田谷の政府施設で爆発が起き、MERに出動要請が寄せられた。

最終話にして描かれたヒーローの挫折。さっそうと災害現場に駆けつけ、「死者ゼロ」を達成してきた喜多見の心は、涼香の死によって完全に破壊された。

一方で、チーフのいないMERのメンバーは災害現場で懸命に救護に当たるものの、かつてない爆弾テロを前にして次々と傷病者が運び込まれ、処置を待つ人々で現場は凄惨を極める。

その様子を知った音羽は用意していた証言を取りやめて話し出す。居並ぶ政治家や厚労省のトップを前に音羽が発した言葉。

「彼らはヒーローなんかじゃありません。MERのメンバーは単なる医療従事者です」から始まるそれは、かつて喜多見が発したものでもあった。

青筋を立て、眉間にしわをよせる天沼や白金厚労大臣(渡辺真起子)の眼前で、音羽は「MERは存続させるべきだ」と言い放つ。

音羽の変心は何だったのか。涼香は音羽の将来を案じて、久我山(鶴見辰吾)に喜多見の過去を話した。

音羽は、犠牲になった涼香の思いに応えることが自分の務めだと思ったはずだ。しかし、そうではなかった。音羽を変えたのは、子どもたちからMERに届けられたたくさんの絵と涼香が添えた「誰かのために頑張るMERのみんなが大好きです」という言葉で、助けを待つ人々を目にした時にその真意がはっきりと伝わったのだ。

涼香は誰かのために頑張る音羽が好きだったのであり、音羽が官僚として出世することが多くの人を救うことになると考えたから、兄を裏切ってでも音羽を助けようとしたのだ。

そうだとしたら、音羽が今すべきことは誰かのために頑張ることと、誰かのために頑張る人を助けることだ。

喜多見が口を酸っぱくして言っていた意味を、音羽ははっきりと理解した。

喜多見にとって涼香の存在は、医師である自分自身とダイレクトにつながっている。少年時代に両親をテロで亡くした喜多見にとって、医師として活躍することには両親を救う意味があり、それはただ1人残された妹を守ることで担保されていた。

喜多見をこの世につなぎとめる命綱が涼香であり、ある日突然それが奪われてしまったのだ。

生きる目的を失った喜多見は人が変わったようになってしまう。先が見えない暗いトンネルのような状態を、喜多見はどうやって切り抜けたのか。

元妻の高輪(仲里依紗)の言葉や現場で奮闘するメンバーの声に加えて、結果的に喜多見は「誰かのために頑張る」ことで自分自身を取り戻す。

それを使命感と言い換えても間違いではないが、シンプルに言えば、誰かを助けることで救われるのが人間という生き物なのだと思う。

大文字のテーマ、大きな物語を描く傾向のある日曜劇場で、『TOKYO MER』は救急医療という喫緊の課題に正面から向き合い、エンタメという軸をぶらさずに作品主義を貫いた。

現今の社会状況とリンクしながら、最後には医療者の背負う十字架も浮き彫りにした。死がそうであるように、生きることは元来、理不尽なものかもしれない。

それでもなお命を救う行為には善悪を超えた価値があり、とてつもない人間賛歌を見せられた実感がある。

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回のTwitterの反応・感想

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

-TOKYO MER~走る緊急救命室~
-

© 2021 日曜劇場2021ネタバレの絵本