天国と地獄-サイコな2人-

日曜劇場【天国と地獄-サイコな2人-】2話のネタバレ!八巻(溝端淳平)のお手柄

日曜劇場【天国と地獄-サイコな2人-】2話のネタバレ!八巻(溝端淳平)のお手柄

TBSの日曜劇場枠で放送されているドラマ「天国と地獄-サイコな2人-」の2話のあらすじやネタバレ・感想、見逃し配信や無料動画の視聴方法などを紹介していきたいと思います。

1話目で魂が入れ替わってしまった刑事の望月彩子(綾瀬はるか)とサイコパス殺人鬼の日高陽斗(高橋一生)。

彩子となった日高は日高となった彩子を殺すのか?それとも?

それでは2話のあらすじから見ていきましょう。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」2話のあらすじ

捜査一課の刑事・彩子(綾瀬はるか)と殺人事件の容疑者・日高(高橋一生)は、階段から転げ落ちた拍子に魂が入れ替わってしまった・・・。

彩子<日高>は日高<彩子>に「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と二者択一を迫る。

仕方なく後者を選択した日高<彩子>は、彩子<日高>の指示通り、家宅捜索が入る前に日高のマンションからダンボール箱をこっそり持ち出す。

中に入っていたのは連続殺人の証拠となり得る品々だった。

身体が入れ替わってさえいなければ大手柄なのだが・・・。

なんとか家宅捜索を乗り切った日高<彩子>は、そのまま河原(北村一輝)の事情聴取を受ける。

そして、その様子を別室で見つめる彩子<日高>と八巻(溝端淳平)。

八巻は彩子の雰囲気がいつもと違うことを変に思って尋ねるが、「路線変更です」と煙に巻かれてしまう。

警察は日高が犯人である確たる証拠を見つけられないまま、秘書・樹里(中村ゆり)の素早い根回しで日高<彩子>を釈放。

マンションに戻った日高<彩子>は、居候の陸(柄本佑)のことを考えた。

一緒に暮らしている陸なら、きっと本物の彩子ではないことに気づいてくれるはずだ。

ところがその頃、陸は彩子<日高>と仲良く食卓を囲んでいて・・・。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」2話のネタバレ・感想

面白さが、第2話で一気に加速した。

魂が入れ替わってしまった彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)。

刑事として容疑者の日高を追い詰めていくはずだったが、現実は逆に日高として追われる側になってしまった彩子は、やむなく日高の指示に従って隠蔽作業に取り掛かることに・・・。

やはり視聴者を夢中にさせているのは、彩子の魂を宿した高橋一生のチャーミングな演技だ。

日高の指示で持ち出すことになった洗面台下のダンボール箱を開き、

「これサンプルQじゃん」「これΦじゃん」「同一犯じゃん」「これ、絶対あいつじゃん。ていうか私、捕まったら絶対死刑じゃん!」

のセリフのテンポの良さったら、たまらない。

人生がかかった大ピンチにも関わらず、いやだからこそなのか、動揺しまくりで、まるでスマートにいかない彩子が、なんとも人間味溢れていて可愛らしい。

魂が入れ替わる前の“なんとしても手柄を立てなければ”と肩に力が入りまくっていたころよりも、グッと感情移入させられる、まさにヒロインたる佇まいだ。

一方、綾瀬演じる日高の表情も、ゾッとするほどクールで凛々しい。

テンヤワンヤな彩子さえもコントロールし、至って冷静に物事を有利に進めていく。

最初から彩子と魂が入れ替わったら、成し遂げたいことがあったかのように、慣れた手つきで化粧をしていく。

この落ち着きはサイコパスゆえのものなのか。

それとも魂の入れ替わりが初めてではないということだろうか。

もしかして日高は入れ替わる方法を知っているのではないか・・・と、視聴者の関心をグイグイと引っ張っていく。

第2話で最も盛り上がったのは、彩子の後輩・八巻(溝端淳平)が魂の入れ替わりに気づいてくれたシーンだろう。

突然、敬語になり、化粧をし、耳を触るという見慣れない癖が出る彩子<日高>に違和感を持った八巻は、日高のマンションへ。

そこで、2人だけが知る情報のやりとりで、彩子の本人認証を行う。

誰にも本当のことを話せず、1人追い詰められた彩子にとって、その気付きがどれほどの救いだったことか。

「今までで一番お手柄だよ」とインターホン越しに八巻の頭を撫で、涙を流す彩子<日高>。

魂が入れ替わっても気づくことができるほどバディの信頼関係に胸を熱くすると同時に、この八巻の気づきが日高によるリードである可能性も忘れないでおきたい。

彩子に寄せることなく性格も外見もガラリと変え、その変化に気づいた者に繰り返し「路線変更です」と煙に巻いていくスタイルは、アリバイのない時間を「散歩です」で押し切ろうとしていた姿と重なり、まるで周囲を試しているかのようにも見える。

そして「月は太陽に、太陽は月になるはずだったんですよ」という言葉も、八巻にわざわざする理由がない。

魂の入れ替わりに気づくためのヒントだった、という見方もできなくもないのだ。

日高のナッツアレルギーの体質を利用して、彩子のたくましさを試すような言動を見せていた日高のこと。

ヒントをちらつかせて、どれだけ八巻ができる人物かを見極めたのかと勘ぐりたくなる。

もちろん、これはあくまでも可能性の一つ。

八巻はボストン時代に日高がシリアルキラーの容疑者であるという有力情報を掴んだ優秀な刑事だ・・・ん?いや、この情報はどうして気づくことができたのか・・・?

もしかして、そこにもリードがあったのか?

それとも・・・なんて、深読みして楽しめる要素がこのドラマにはたくさん散りばめられている。

もちろん、そうした気づきそのものも脚本家・森下佳子によるリードかもしれないと思うと、さらにワクワクしてくる。

今クールは思う存分、手のひらで踊らされたい気分だ。

もう1人、彩子が八巻よりも気づいてくれると信じていた陸(柄本佑)の言動にも注目せざるを得ない。

陸は、彩子<日高>の変化を最も近くで感じたに違いないのだが、それを「彼女が天使になった」と喜ぶ。

だが、日高<彩子>としては、陸はただ住み着いているだけの居候。

その関係性に対する2人の認識のズレも気になるところだ。

また、スマートフォンのロケーション履歴を巡って彩子と日高の関係性が揺らぎ、日高のカーキの革手袋をどうやって捜し出そうかと頭を捻っているタイミングで

「ロケーション履歴ってどうやって見られるんだっけ?」

「便利屋の仕事で落とし物捜し手伝ってほしいって話なんだけど・・・」

という偶然にしてはタイムリー過ぎる話を振ってくるところも見逃せない。

振り返れば、彩子がサンプルQにたどり着いたのも、陸のアドバイスがあったからだと思うと、やはり彼も単なる同居人という存在感ではなくなってくる。

じっと見つめるその眼差しの真意が読めない。

魂の入れ替わりに気づいているのか、いないのか。

そもそも、なぜ彩子と一緒に住んでいるのか、私たちは陸のことを何も知らないのだ。

いや、考えてみれば、誰についてもまだ知らないことだらけだ。

彩子が失敗した過去の事件についても、日高が持っていた『暗闇の清掃人Φ』の漫画についても、八巻が八王子署だった過去も、そして奄美大島に伝わる伝説のことも、何一つわかっていない。

いやいや、まだ第2話なのだ。

焦らずじっくりと事実が明かされていくのを楽しもうではないかと思うのだが、どうも気がはやる。

第2話でハッキリとわかったことといえば、日高の手汗がすごいことくらいだろうか。

もし日高が犯行時にあのカーキの革手袋を使っていたとしたら、汗がたっぷりと染み込んでいたはず。

DNAが検出されてしまったら言い逃れがますますできなくなってしまうため、第3話では八巻がすり替え作戦を実行するようだ。

入れ替わりにすり替え・・・今は逃れるために仕方なしと、動けば動くほどますます複雑に入り組んでいく状況を、彩子は正しく戻すことはできるのだろうか。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」2話のTwitterの反応・感想

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

-天国と地獄-サイコな2人-
-

© 2021 日曜劇場2021ネタバレの絵本