天国と地獄-サイコな2人-

日曜劇場【天国と地獄-サイコな2人-】8話のネタバレと考察!彩子と日高の入れ替わりと、謎を解明!

日曜劇場【天国と地獄-サイコな2人-】8話のネタバレと考察!彩子と日高の入れ替わりと、謎を解明!

TBSの日曜劇場枠で放送されているドラマ「天国と地獄-サイコな2人-」の8話のあらすじやネタバレ・感想、見逃し配信や無料動画の視聴方法などを紹介していきたいと思います。

第8話では、遂に東朔也の正体が判明します。

そしてこれまで謎だった部分が徐々に見えてきましたが・・・がっ!

物語の序盤で語られた様々な謎はまだまだ謎なままです!

それでは8話のあらすじから見ていきましょう。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」8話のあらすじ

新たな猟奇殺人が発生・・・。

現場検証が行われる中、彩子<日高>(綾瀬はるか)は東朔也が担ぎ込まれた病院へと再び向かう。

事件に日高の生き別れの兄が関わっているのではと考える日高<彩子>(高橋一生)。

同じく、現場への返り咲きを狙う河原(北村一輝)も、日高と東朔也の関係、また彩子に対し推理の的を絞り始めていた。

一方、陸(柄本佑)は、病気で倒れた師匠・湯浅(迫田孝也)を放っておくことができないでいた。

そんな陸に、湯浅はある頼みごとを持ち掛ける・・・。

その後、八巻(溝端淳平)とコ・アース社に訪れた彩子<日高>は、日高<彩子>から思わぬことを告げられる。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」8話のネタバレ・感想

「違う、騙されるな。これは芝居だ。日高陽斗は絶対にサイコパスじゃない。何か意図があるはずだ。何か・・・」

ついに8話を迎えて、次々と謎が解き明かされていく。

しかし、ある事実がわかったといっても、では全体像はむしろより複雑になって、わからなくなっていくのが『天国と地獄』の面白さ。

そこで、今回新たにわかったこと、そしてよりわからなくなったことを整理していきたい。

手のひらにあるホクロ、膵臓がんによる余命わずかな体、そして「東朔也」の名前で登録された派遣会社に残されたデータ・・・これらの情報から見ても、日高陽斗(高橋一生)の生き別れた双子の兄・東朔也の正体は、陸(柄本佑)が「師匠」と呼んで慕っていた湯浅和男(迫田孝也)に間違いない。

さらに河原(北村一輝)が突き止めた情報によると、殺された久米幸彦とのつながりは、警備員のアルバイトとして働いていた時期に遡る。

真面目に働いていた東だったが、一緒に働いていた幸彦が「喫煙所へ行く際にセキュリティが面倒だ」という理由から、システムを解除してしまう。

実直な東は、その行動を咎めるも全く聞く耳を持たない幸彦。

するとある日、その警備の抜け穴から窃盗事件が起こってしまう。

そして警備会社の御曹司である幸彦の経歴を守るために、何の罪もない東に濡れ衣が着せられてしまったのだった。

仕事の本質よりも自分の快楽(喫煙)に溺れた幸彦だから、口に無数のタバコが詰め込まれていたということか。

また、河原は殺人犯“クウシュウゴウ”は、十和田(田口浩正)が初代で、3年前に起きた「横浜法務省官僚殺人事件」は十和田による犯行であること。

そして、十和田が自殺した後、現場を清掃した東朔也が漫画『暗闇の清掃人φ』を読んだことで、強く感化されて2代目クウシュウゴウとなり、犯行を模倣したのではないかと推理した。

果たして、河原の推理はすべてを言い当てているのだろうか。

一方、久米幸彦の死亡時刻から、彩子≪日高≫に犯行は不可能だったことがわかった日高≪彩子≫。

形勢逆転と言わんばかりに、彩子≪日高≫に

「どんな事情があれ、ここを譲ったらいずれすべてがなし崩しがある。死守すべきルールってもんが、人間にはあると思わない?」

と詰め寄る。

しかし、日高≪彩子≫の言う正論は、彩子≪日高≫には届かない。

そんな「べき」論は、彩子≪日高≫の中でも何百回も考えてきた結果、今こうして東の犯行をもみ消そうとしているのだから。

ついには、事件の証拠品に手を出してまで、東が自殺したという偽装にまで手を染めてしまう彩子≪日高≫。

回想として出てきた

「15分先に生まれてくりゃ、お前の人生は俺のもんだったんだよ」

と東が日高の胸ぐらを掴むシーンは、きっと彼の心に深い傷を残したのだろう。

歩道橋で乳歯を交換したときの穏やかな会話とは、まるで対象的な思い出だ。

「こっから間違えたんだよ、俺」

と故郷の歩道橋に立ち、陸にそう伝える東。

生まれた順番が違っただけで、父親と母親のどちらかに引き取られたかで、その後が天と地ほどに変わってしまった双子の兄弟。

その罪悪感と同情から、せめて兄が余命3カ月の間は刑務所に捕まらずに過ごせるようにと、彩子≪日高≫は弟としてできることを必死になっているのかもしれない。

一時期は、共に奄美大島を訪れようと計画していたという日高と東。

居酒屋の店員の証言では、穏やかに酒を酌み交わしていた様子だった。

一体どこから、この奇妙な共犯関係へと発展してしまったのだろうか。

ここからは、筆者の勝手な予想としてお読みいただきたい。

真面目で、面倒な父親のことを見捨てることができなかった東が、いくら自分と重なる主人公の漫画を読んだからといって、いきなり殺人鬼“クウシュウゴウ”となりうるのは考えにくい。

もっと強烈な、何かきっかけがあったのではと思わずにはいられない。

そのヒントになりそうなのが、かつて陸が日高と入れ替わったことを知らず、彩子の急激な変化に相談したときのこと。

東は「ストレスが引き金になって二重人格になったのではないか」と答えていた。

もしかしたら膵臓がんで余命宣告を受けるという大きなストレスがトリガーとなり、呪われた運命の原因となった四方や久米を殺害しろと、ミスターX的な人格が生まれてしまったのではないだろうか。

自分が太陽(陽斗)になるはずだった。

しかし、誰からもいない扱いされる月(朔也)になってしまった。

日高が、カーキの革手袋は亡き母からのプレゼントだと話していたことを考えると、母親・茜はすでにこの世にいない。

人生を散々振り回した父親・貞雄も亡くなった。

であれば、日高を一連の殺人事件に巻き込もうとしたもう一つの人格は、ずっと家族に向けることのできなかった東の甘えの化身だったのかもしれない。

犯行予告である数字を残し、どこまでも追ってくれる日高の姿に、この世界に1人でも自分のことを気にかけてくれる人がいることを、確かめたかったのではないか。

そう考えると、日高≪彩子≫と八巻(溝端淳平)が、張り込む姿を見て、やけくそのような犯行に走ったのも納得がいく部分もある。

東は、陸の協力を得て病院を抜け出し、故郷の福岡、そしていよいよ多くの謎が残されている奄美大島へと向かう。

奄美大島といえば、なぜ日高が現地で「東朔也」と名乗ったのかが、その理由もまだ明かされていない。

ちなみに、東が警備員として働いていた場所が証券会社であったことも、元証券マンだったという陸とのつながりがあったのではないか、と気になるところだ。

そして、どんなに偽装をしても、久米幸彦の殺人に東が関与していることは隠しきれなくなった彩子≪日高≫。

しかも、そこから乳歯も見つかり、さらに窮地に追い込まれる。

そこで日高が持ち出したのは、あの四方を殺害したときに使用された奄美大島の丸い石だった。

日高の実家にも丸石があったことを考えると、凶器となった石はおそらく東のものだろう。

あの日、日高と彩子が入れ替わったあの満月の夜。

きっと、日高は東と本気で入れ替わろうと待っていたに違いない。

1人で向かった奄美大島で、月と太陽の伝説を聞き、兄の残り僅かな人生を引き受け、自分の残りの人生を捧げて、それまで何もしてあげられなかった兄を救おうと。

そして、今回は日高として警察に追われる日高≪彩子≫を救おうと、再び入れ替わろうとしているように見える彩子≪日高≫。

あの日と同じように、石、手錠、そして満月の夜と、同じ条件で歩道橋から落ちた2人。

起き上がった彩子の体には、果たしてどちらの魂が入っているのか。

日高となったときに両手で顔を抑えた彩子と、その動きがシンクロしていたことから、彩子に戻ったのではないかと予想している。

次回予告を見ても、髪の毛を束ねた懐かしいヘアスタイルが見えた。

そして、「始めからこんなことすんじゃねぇ」と泣き叫ぶ姿も。

この感情的で、どストレートな物言いは彩子ではないかと思うのだ。

しかし、何があるかわからないのが森下脚本作品。

もしかしたら、今から例の近所のおじいさん殺害容疑が日高に起こる可能性だってある。

ボストン時代の事件についても、さらには十和田の自殺についても、日高が関与していないという確証は一つもない。

私たちは、日高のいう「希望的観測」を見続けているのかもしれないという気構えはしつつ、最終章を楽しみたい。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

謎1:日高と彩子が入れ替わった事についての彩子≪日高≫の言葉

「だから、貴方だったんですか。そうか、だから私は貴方と入れ替わったんですよ」

これについてはまだ語られていません。

何故、彩子≪日高≫はこの入れ替わりに運命的なものを感じたのか・・・。

これは、物語に深みはない・・・と仮定して考えると、正義感が強い彩子(綾瀬はるか)なら自分(高橋一生)と東朔也の関係などを解き明かしてくれる・・・と思ったからか、彩子なら東朔也にたどり着くことは出来ない・・・と考えたからか・・・のどちらかなんじゃないかと思います。

1話の冒頭で彩子が奄美大島の夢を見たことから、彩子も奄美大島に何か関係が?とも思いましたが、恐らくこれは偶然の夢であって、深い意味はない。

謎2:日高のボストン時代のシリアルキラー

これは、たまたま日高が怪しいと思われて容疑者候補にあがっただけ・・・というオチで解決しそうです。

または、九十九(中尾明慶)が陥れた・・・と考えればスムーズですね。

九十九は日高を妬んでいたので、時間に制限がある物語の中ではいちいち語られませんが、九十九が日高を陥れようとして、ボストンの警察に日高にとってマイナスな情報を流した・・・ということが考えられます。

それでも「日高が犯行を行う日はいつも新月・・・」という八巻との司法取引で語られたこと・・・これも深い意味はないのかもしれませんが、あの司法取引の時点で

「いつも」

と言えるほどの情報があったか?

謎3:奄美大島での日高が東と名乗っていた理由

これは物語にそこそこ関係することだと思うので、語られると思います。

単純に考えれば、東と行く予定だったが、日高一人で奄美大島に行くことになった・・・。

そして、何故東は日高と奄美大島に行く予定をキャンセルしたのかというと、居酒屋で穏やかに話をしていた時と、奄美大島に行く間に

「お前が15分先に生まれてくれば、お前の人生俺のもんだったんだよ!」

と東が日高に行っていた事件が起こった・・・何らかの切っ掛けがあって東は日高にそう叫んだ。

それは、自分が膵臓がんだと分かったから?

しかし、アルバイトや派遣などを行っている東が膵臓がんが分かった時には既に余命僅かな気もしますが・・・。

膵臓がんは症状がなかなか現れないので、膵臓がんを患ってから、それなりに長く生きられるというのは奇跡に近いような・・・。

また、9話の予告で東が日高に「俺はクウシュウゴウになりたいんだ」と言っていたことから、クウシュウゴウとして、十和田の意志を次いで復讐したいという気持ちが強まり、日高と仲たがいし、日高が一人で奄美大島に行った・・・という線が濃厚ですね。

謎4:彩子≪日高≫が四方忠良を襲っている動画

日高はサイコな殺人鬼ではない・・・と思う一方、彩子の姿で四方忠良をゴルフクラブで殴っている動画が日高≪彩子≫に送られてきていて、これを八巻も見ている。

そしてこの動画のことは8話でも日高≪彩子≫が考える場面があった。

「あの動画はフェイク?」

恐らくこの言葉で、この動画のことはフェイクだったと処理されたと思います。

時間に制約があるドラマの中で、細かいところを全て語るのは不可能なので、この日高≪彩子≫の一言で、あの動画のことはもう終わったのではないか・・・と思います。

謎5:ミスターXの存在

恐らく、ミスターXなんて存在はいないです。

東が、ミスターXと見立てて指示を受けていたとすれば、それは亡くなった父だと思います。

亡くなった父から指示を受けていたというよりは、亡くなった父が恨みを抱いていた(自分も恨みを抱いていた)人物を襲っているだけだと思います。

なので、具体的に指示していた人間、ミスターXなんて存在しない・・・ということですね。

余談:日高・彩子は逮捕される?

9話の予告では、彩子も逮捕されるシーンがありました。

具体的に、日高と彩子は現状で逮捕されるのでしょうか。

日高は、東朔也が行っていた犯行現場を綺麗に清掃していたとしたら、犯人隠避に似た理由で逮捕される犯罪者になるのは間違いないと思います。

そして彩子は?

日高と入れ替わっていた時に、犯行現場清掃をしたので、それがバレたら逮捕されると思います。

他に何か逮捕される理由がある?

この謎は、9話を見れば明らかになりそうですね!

ちなみに、八巻は捜査情報を漏らしていたことがバレたことから、場合によっては捕まるかもしれないですね。

ここが今後のドラマでどう描かれれるのか・・・。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」9話あらすじ・ネタバレ

歩道橋から転がり落ちた彩子<日高>(綾瀬はるか)と日高<彩子>(高橋一生)。

警察は、連続殺人事件への関与が濃厚な日高陽斗と東朔也に緊急配備をかける。

その東朔也=師匠は日高の双子の兄で、陸(柄本佑)ととある場所に向かっていた。

一方、河原(北村一輝)は捜査一課とは別に単独行動に出て・・・。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

-天国と地獄-サイコな2人-
-

© 2021 日曜劇場2021ネタバレの絵本