天国と地獄-サイコな2人-

日曜劇場【天国と地獄-サイコな2人-】7話のネタバレ!東朔也は湯浅和男(迫田孝也)で確定?それとも

日曜劇場【天国と地獄-サイコな2人-】7話のネタバレ!東朔也は湯浅和男(迫田孝也)で確定?それとも

TBSの日曜劇場枠で放送されているドラマ「天国と地獄-サイコな2人-」の7話のあらすじやネタバレ・感想、見逃し配信や無料動画の視聴方法などを紹介していきたいと思います。

7話では東朔也のことが色々と分かり、日高(高橋一生)の過去も分かりました。

これまで日高の双子説が流れてきましたが、確かに双子ではあったものの・・・外見は似ていないとのこと。

そして7話では東朔也は湯浅和男(迫田孝也)だよ・・・と言わんばかりの展開でした。

これも脚本、演出マジックなだけで実際はどうなのか・・・。

それでは7話のあらすじから見ていきましょう。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」7話のあらすじ

彩子<日高>(綾瀬はるか)は身元不明の遺体の中から「東朔也」という人物を探していた。

日高<彩子>(高橋一生)と河原(北村一輝)もその名前にたどり着くが、事件とのつながりは見えてこない。

一体何者なのか・・・。

陸(柄本佑)からの情報を手掛かりに、殺人の共犯かもしれない「クウシュウゴウ」が現れるのを待って、歩道橋で張り込む日高<彩子>。

しかし、やって来たのは彩子<日高>で・・・。

ある日、日高<彩子>のもとに、息子が記憶喪失になったと聞いて心配した父・満(木場勝己)から連絡が入る。

妹の優菜(岸井ゆきの)と実家へ行った日高<彩子>は、満から日高に関する意外な過去を聞かされるのだった。

そしてその頃、誰にも発見されていない新たな犠牲者が・・・。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」7話のネタバレ・感想

「もう断定していいのかもしれない、東朔也は・・・」

第7話は、物語が一気に動き出した。

前回、一連の殺人事件の最重要人物として急浮上した東朔也。

彼は、日高陽斗(高橋一生)の二卵性双生児の兄だった。

これまで本作のタイトルは、望月彩子(綾瀬はるか)と日高陽斗の入れ替わりを意味するものだと思われた。

だが、父に引き取られるか母に引き取られるかで、天と地ほどに人生が変わってしまった日高陽斗と東朔也の人生を前にすると、また違った響きに聞こえてくる。

そして、そんな数奇な運命をたどる2人に、彩子が深く関わることになった理由とは・・・。

日高によって殺人リストなどの証拠品と共に保管されていた漫画『暗闇の清掃人Φ』を改めて読み返した彩子。

そこには世の中からまるで存在していないような扱いを受け主人公が、法で裁けない悪人たちを殺害し、世の中を清掃していく姿が描かれていた。

人に見つけられないというのは、ひとつの才能だと。

東朔也は、この漫画を読み「自分のことのようだ」と心酔し、自殺して亡くなった十和田元(田口浩正)の家から持ち帰るほどの執心を見せたというのだ。

一方で「いるのにいない、なんてない!」と言い放つ彩子。

そう、東朔也は実在する人物なのだ。

いくら事件の証拠を日高が消し去ったとしても、偽名を使っていたとしても、社会のセーフネットから零れ落ちそうになったとしても。

日高陽斗に双子の兄がいたことは、まぎれもない事実。

そして、日高の父が語る東朔也は、実にいい子だった。

様々な大人の事情があったにせよ置いていった母に対しても理解を示し、愛情たっぷりに育てられた弟・陽斗に対しても妬んだりすることなく優しく接していた。

偶然にも同じ場所の乳歯が抜けたことで、奇妙な交換をした2人。

その歯が、まさか次の猟奇殺人現場に落ちていようとは・・・。

東朔也の情報を整理するほど、その正体は陸(柄本佑)が「師匠」と呼ぶ湯浅和男(迫田孝也)の姿がちらついて仕方ない。

清掃業もしていた湯浅なら、十和田の家の作業現場にいたことも納得だ。

また、日高へのメッセージとして使っていた数字の落書きを消す作業を、毎回陸に頼んでいたのも、その仕事ぶりを信頼してのことだとしたら納得がいく。

実際に陸が消している作業中に様子を見に来たこともあったことから、陸もその疑いを持たずにはいられない。

あとは右の手のひらにホクロがあれば、ビンゴといえるのだがそれを見越したかのように、湯浅の右手が火傷をして包帯で隠れているのもますます怪しい。

そういえば湯浅は「三枝」という名で借りた家に住んでいた。

日常的に偽名を使う生活をしていること、そして腹部に痛みを訴えて倒れたところも、「膵臓がんを患っている」という日高の東朔也情報と一致している。

財布からこぼれ落ちた薬はトルヒノームだった。

同時に飛び出した、SDカードも気になるところだ。

しかし仮に湯浅と東朔也が同一人物だったとしても、にわかにこの凶悪な連続殺人事件の黒幕だとは思えない。

それは以前、彩子に深く関わることで面倒なことになりそうだと悩む陸に、こう話していたシーンが蘇るからだ。

「俺の親父は色々面倒な人でさ、でも縁切るってのもどうしてもできなくて、結局死ぬまで振り回されっぱなしだったよ。でも、そのやさしい孝行息子に残ったのは、そのバカ義理の仕事と、他人の名前で借りた小部屋だけよ」。

一見すると父親への恨み節に聞こえなくもないが、重要なのはそのあとに続く言葉だ。

「だからな、俺は逃げてのもいいとも思うぞ」。

愛憎に縛られる自分を「手放す」ことを諭すような言葉を放ったこの人が、父に負債を押し付けた四方をはじめとした人たちに直接制裁を加えようとするだろうか。

そして、その現場に陽斗の乳歯を置いていく理由があるだろうか。

日高が、東朔也の消息をたどるように、事件に関与していたことは間違いなさそうだ。

だが、その動機がまだわからない。

“リストにない人を殺すなんて”と動揺する姿から、コミュニケーションが一切取れていないことが見て取れ、単純な共犯関係ではなさそうだ。

生き別れた兄だから、という理由だけでは、日高がそこまでリスクを取るとは思えない。

だとしたら、毎回現場にあの歯を置いていくということだけが知らされていたのだろうか。

だが、先にも述べたように、弟を面倒なことに巻き込もうという人間性が湯浅と重ねた東朔也にあるとは思えない。

また、別の路線から東朔也について調べている河原(北村一輝)が掴んだ情報によれば、双子は親睦を深めている様子だった。

生き別れたはずの2人がどこで何がきっかけで再会したのか。

ヒントは、2人の母親の故郷である奄美大島に隠されているように思える。

もしや、陸が証券マンから便利屋家業へと転身したきっかけとなった災害ボランティアの地が、奄美大島の緋美集落だったという線はないだろうか。

もし何かの災害に見舞われていたのだとしたら、緋美集落が何もなかったのもつながるような気がする。

何より、日高の濃厚なキスといい、湯浅の陸を買うスタンスといい、どうも2人の陸に対する情の深さには、まだ語られていない何かがあるのではないかと考えてしまう。

また、十和田が自殺した後に、東朔也が漫画『暗闇の清掃人』の存在を知ったのだとしたら、その前にクウシュウゴウと名乗っていた十和田のプランに東朔也が乗ったということなのだろうか。

それとも、生前の十和田とのつながりがあったのだろうか。

そもそも本当に自殺だったのだろうか。

加えて過去で気になる点として、日高が一連の実行犯ではないのなら、ボストン時代に日高が疑いをかけられていた連続強盗殺人との関連は全くの見当違いだったということか。

そして前回、久米の家の前で東朔也が日高と八巻(溝端淳平)の張り込みに気づいて踵を返していたが、果たして東朔也は日高と彩子の入れ替わりを知っていたのだろうか。

もし、気づいていないのだとしたら、日高の姿を見て何を思ったのだろうか・・・と、一気に話が進んだかと思えば、「では、あれは?」「ならば、これは?」と疑問は次々と湧き上がる。

これから、その背景が一気に語られていくのかと思うと、ますます次回が楽しみだ。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」7話のTwitterの反応・感想

東朔也の正体が師匠だとしても、消せない真実

東朔也の正体は師匠・湯浅であることはほぼほぼ間違いないとして、湯浅が実行犯で、日高が掃除をしている・・・というのがだいたいの見方ですた、どうしても消せない真実があります。

それは彩子≪日高≫が自分が被害者の頭をゴルフクラブで殴打していること。

この動画は、日高≪彩子≫に送られてきた動画で、八巻もその動画を見ています。

何度か登場したこともあり、これは紛れもない事実です。

もしかしたら、その時には犯人は既に死亡しているから、死体に対して行った行為・・・というだけかもしれないですが・・・。

自分が殺してますよ・・・と日高≪彩子≫に印象付けるためにやっただけの行為なのか・・・。

それでも、本当は人を殺さない人物なのであれば、既に死体になっているとはいえど、ゴルフクラブで頭を殴打するのはなかなかなもの・・・。

更に九十九(中尾明慶)は日高からお金をもらっている・・・的なことを言っていました。

九十九は日高が犯行を行っていたことを確信していた?

しかもしれはボストン時代?

もしかしたら、ボストン時代に殺害を行っていた日高の魂が、その後に東朔也と入れ替わったのかもしれない・・・。

しかし、何故ボストンで殺人を行ったのか・・・今回の殺人事件には明確な理由がありそう・・・。

法では裁けない悪人とは言えど、東朔也の人生に関わった人物を殺しているようにも思えるが・・・。

更に、彩子≪日高≫が偵察するように眺めていた家は、湯浅が暮らしているアパートとは別・・・。

となると彩子≪日高≫は誰を見ていた?

何にしてもどんな結末が待っているのか、第8話のあらすじを見てみましょう。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」8話のあらすじ

新たな猟奇殺人が発生・・・。

現場検証が行われる中、彩子<日高>(綾瀬はるか)は東朔也が担ぎ込まれた病院へと再び向かう。

事件に日高の生き別れの兄が関わっているのではと考える日高<彩子>(高橋一生)。

同じく、現場への返り咲きを狙う河原(北村一輝)も、日高と東朔也の関係、また彩子に対し推理の的を絞り始めていた。

一方、陸(柄本佑)は、病気で倒れた師匠・湯浅(迫田孝也)を放っておくことができないでいた。

そんな陸に、湯浅はある頼みごとを持ち掛ける・・・。

その後、八巻(溝端淳平)とコ・アース社に訪れた彩子<日高>は、日高<彩子>から思わぬことを告げられる。

※<>内は入れ替わった後の人物名です。

日曜劇場「天国と地獄-サイコな2人-」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

-天国と地獄-サイコな2人-
-

© 2021 日曜劇場2021ネタバレの絵本