ドラゴン桜2

日曜劇場【ドラゴン桜2】5話のあらすじ!東大専科と一流大学コースで再度勝負することに

日曜劇場【ドラゴン桜2】5話のあらすじ!東大専科と一流大学コースで再度勝負することに

TBSの日曜劇場枠で放送されているドラマ「ドラゴン桜2」の5話のあらすじや無料動画の視聴方法などを紹介していきたいと思います。

第4話では、桜木(阿部寛)は勉強に集中するように告げ、ITを活用した勉強法を伝授する。

一方、専科に負けて難関大コースを廃止した理事長の久美子(江口のりこ)は、新たに一流大コースを設立。

理系トップの藤井(鈴鹿央士)を再び取り込んで専科に対抗心を燃やしていた。

瀬戸のことが気になる菜緒(南沙良)と楓(平手友梨奈)と天野(加藤清史郎)が学校帰りに「ラーメン瀬戸屋」に立ち寄るも、瀬戸に冷たくあしらわれる。

闇金から店への嫌がらせを隠そうとする瀬戸だが、そんな窮状を桜木と水野に知られてしまう・・・という内容でした!

それでは第5話のあらすじを紹介したいと思います。

日曜劇場「ドラゴン桜」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

また、前作の「ドラゴン桜」も配信中です!

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場で放送される「ドラゴン桜2」は、当初はTBSの金曜ドラマで放送されていました。 今回はこの金曜ドラマで放送されていた頃の「ドラゴン桜」の1話から最終回結末までの全話のあらすじやネタバレ・感想、 ...

日曜劇場「ドラゴン桜2」5話のあらすじ・ネタバレ

東大専科は桜木(阿部寛)が招いた特別講師・柳(品川徹)による数学のスパルタ授業が行われていた。

一方、専科の生徒との勝負に負けた藤井(鈴鹿央士)は苛立っていた。

一人追い詰められ、殺気立った様子の藤井を案じた理事長の久美子(江口のりこ)は、東大専科と一流大学コースで再度勝負することを桜木に提案する。

勝負は2週間後。

国・数・英の3教科を大学入学共通テスト形式で行うことが決まった。

負けた方のクラスは即廃止だ。

水野(長澤まさみ)は実力の差があり過ぎると訴え、高原(及川光博)も専科にハンデを提案するが、桜木は「その必要はない」と言い切る。

桜木が藤井に対抗する新たな勉強法として打ち出したのはまさかの“ゲーム”!?

そして、東大専科に5人目の生徒がやってくる・・・。

「ドラゴン桜」を見てわかった、子どもを東大に合格させる「家庭の10ヵ条」

受験、特に東大を目指そうというのなら、それは単に子どもだけの問題にとどまらない。それは家族にとっても一大プロジェクトだ。

子どもが真剣に受験に取り組み、いろんなものを擲(なげう)って、勉強に集中しているのだ。そこで親が「ワレ関セズ」としていられないのはわかる。しかし『ドラゴン桜2 公式ガイドブック』では、親は見守ることしかできないと言った。ほかにできることはないのか? 

少なくとも、高い目標を設定し、成功を勝ち取ることのできる受験生は、本人の力もさることながら、まわりの人たちに支えられている。受験は総力戦だ。家族が味方になってやるべきだし、一家で一丸となってことに当たるべきだ。ただし、けっして浮き足立ってはいけない。

特別扱いをしてもいけない。求められるのは、圧倒的に変わらない日常を維持することなのだ。

絶対に日常生活を「変えてはいけない」

受験生を抱える家庭は、ただでさえピリピリする。

その原因が自分にあることは、子どもがいちばんよく知っている。だから、その空気感に罪悪感を持ってしまう。そうさせないためにも、これまでどおりの日常生活を守ることがとても大切だ。

決まった時間にご飯を食べ、お風呂の順番を守り、毎年家族旅行に行っているのであれば、それも実行する。すべては子どもの精神を安定させるためだ。

こうした状況になると、父親が妙に張り切ったり、子どもの生活に首を突っ込んだり、はたまた事態から逃げようとしたりすることがある。これらは全部、安定した日常を不安定にする行動であるから、よくよく「東大合格必勝法 家庭の10ヵ条」を守ってもらわないといけない。

子どもの勝負に口を挟むな!

子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか? 

子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。

「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。

無条件に背中を押されたがっている

そろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。

子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。

子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。

日曜劇場「ドラゴン桜」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

また、前作の「ドラゴン桜」も配信中です!

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場で放送される「ドラゴン桜2」は、当初はTBSの金曜ドラマで放送されていました。 今回はこの金曜ドラマで放送されていた頃の「ドラゴン桜」の1話から最終回結末までの全話のあらすじやネタバレ・感想、 ...

日曜劇場「ドラゴン桜2」東大専科キャスト

南沙良 役:早瀬菜緒(はやせ・なお)

何不自由なく愛情いっぱいに育ってきたが、今まで何かを頑張った経験がない女子生徒。

東大専科に入る。

南沙良コメント

原作も前作のドラマも拝見させていただいていたので、出演が決定した時はとてもうれしかったです。

阿部寛さん、長澤まさみさんを筆頭に錚々たる方々とお芝居をさせていただけること、とても光栄に思っています。

今までに挑戦したことのない役なので、私自身不安もありますが、頂いた役をどれだけ魅力的に広げることができるか、しっかりと真摯に向き合いながら、学び、吸収がある撮影期間にし、自分の扉を解放して、使える引き出しは全て使っていきたいと思っています。

撮影はこれからですが、感じ得るものが多い歩みになることを確信しています。

観てくださる方々に作品の素晴らしさを感じていただけるように、誠心誠意お届けしてまいります。

細田佳央太 役:原健太(はら・けんた)

とある問題を抱え周囲から孤立しているものの、昆虫が大好きな心優しき生徒。

東大専科に入る。

細田佳央太コメント

原健太役の細田佳央太です。

日曜劇場に出演することが1つの目標だったので、オーディションを経て、健太役に選んでいただけたと聞いた時はとてもうれしかったです。

僕が演じる原健太は、とある問題を抱えている少年です。

僕自身もそうですが、普段の生活の中で、他人と比べて劣等感を抱いてしまったり、何らかの壁があって生き辛く感じたりすることもあると思います。

しかし、だからといって自分の夢ややりたいことを、決して諦めたくはありません。

このドラマをご覧になって、また、健太という役を通して、どんなに高い壁があったとしても、夢を叶えるために頑張ろう!と前向きな気持ちを持っていただけたらうれしいです。

監督とお話しし、健太のイメージに近づけるように(体重を)増量し、これから髪も短く切って撮影に臨みます。

外見を変えることでの役作りは初めてで、身が引き締まる思いです。

一つ一つ丁寧に演じることを心掛けて頑張ります。是非、ご覧ください!

志田彩良 役:小杉麻里(こすぎ・まり)

成績は学園文系トップで優秀だが受験に興味がなく、卒業後は就職を考えている。

受験に興味がないのは一体なぜ?他の生徒とも、教師とも距離を置く彼女の秘密とは・・・。

東大専科に入る。

志田彩良コメント

オーディションで決まった時は信じられませんでした。本当にうれしいです。

出演させていただくからには小杉麻里として進路としっかり向き合いつつ、私自身も真剣に丁寧に役と向き合って、勉強をさせていただきます。

大先輩も同世代の皆さんもいらっしゃる現場で、自分にできることを一生懸命やりながら、たくさんの方にお届けできればと思っています。

鈴鹿央士 役:藤井遼

成績が学年トップ。

優秀ゆえに他人を見下す癖があり、周りから浮いている。

内に秘めた焦りや臆病な部分がある。

東大専科に入る。

鈴鹿央士コメント

日曜日に『ドラゴン桜』を観て、月曜日から頑張ろうと思っていただけたらいいなと思いますし、そこに自分が携われることを幸せに感じています。

世の中が大変な状況のなかで、受験生の方をはじめ、学生や社会人の皆さんを元気づけられる作品になるよう、頑張って演じていきます。

加藤清史郎 役:天野晃一郎

優秀な弟と常に比較され続けてきたため、劣等感がしみついている。

家族を見返したい気持ちはあるが勇気が出ない。

東大専科に入る。

加藤清史郎コメント

オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました。

天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。

他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の 一人として、精一杯、役を生きていきたいです。

平手友梨奈 役:岩崎楓(いわさき・かえで)

全国トップレベルのバドミントン選手として活躍している。

何事にも全身全霊で取り組む岩崎は、その期待に応えようとするがゆえに、大きな壁にぶち当たってしまう。

強豪校のバドミントン選手であり、悩み多き繊細な人物。

東大専科に入る。

平手友梨奈コメント

岩崎楓役を演じさせていただきます、平手友梨奈です。

楓という役をまだ把握しきれていないので、早い段階で見つけられるようにしたいと思います。

初めてのことだらけなので、すごく緊張していますが、この作品を通して何か響くものを届けられたらと思っております。

よろしくお願いします。

髙橋海人 役:瀬戸輝(せと・あきら)

学園近くのラーメン瀬戸屋の息子で、両親を亡くし1人で店を切り盛りする姉と一緒に暮らしている。

放課後に店の手伝いをするなど姉想いな高校生ではあるが、将来への夢や希望がなく、なんとなく店を継ぐのだろうと思っている。

そんな瀬戸を桜木はどのように“東大専科”へ招くのか、そこには世の中の理不尽に立ち向かう全ての人に送るメッセージが込められている。

髙橋海人コメント

たくさんの方に愛されている“日曜劇場”、そして当時両親と毎週楽しみに観ていた『ドラゴン桜』。

本作に出演させていただけると知ったときは、衝動的に両親にその喜びを報告してしまいました。

キャストのみなさん、監督、スタッフの方々からたくさんのことを学び、瀬戸輝という役に誠心誠意向き合い、悔いの残らないように挑み続ける、そんな撮影期間にしたいと思います。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場で放送される「ドラゴン桜2」は、当初はTBSの金曜ドラマで放送されていました。 今回はこの金曜ドラマで放送されていた頃の「ドラゴン桜」の1話から最終回結末までの全話のあらすじやネタバレ・感想、 ...

-ドラゴン桜2
-

© 2021 日曜劇場2021ネタバレの絵本