ドラゴン桜2

日曜劇場【ドラゴン桜2】3話のあらすじ!東大専科授業開始!

日曜劇場【ドラゴン桜2】3話のあらすじ!東大専科授業開始!

TBSの日曜劇場枠で放送されているドラマ「ドラゴン桜2」の3話のあらすじや無料動画の視聴方法などを紹介していきたいと思います。

第2話で東大専科の生徒も集まってきて、第3話で遂に授業が始まります。

続編となる今回ではどのような授業が行われるのか、気になるところですよね!?

前作の金曜ドラマ「ドラゴン桜」では、なかなか癖のある教師たちが登場しました。

それでは第3話ではどのようになっていくのか、3話のあらすじを紹介したいと思います。

日曜劇場「ドラゴン桜」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

また、前作の「ドラゴン桜」も配信中です!

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場で放送される「ドラゴン桜2」は、当初はTBSの金曜ドラマで放送されていました。 今回はこの金曜ドラマで放送されていた頃の「ドラゴン桜」の1話から最終回結末までの全話のあらすじやネタバレ・感想、 ...

日曜劇場「ドラゴン桜2」3話のあらすじ・ネタバレ

東大合格者を見送るシンボルとして、桜木(阿部寛)が校庭に桜の木を植えた。

龍海学園の龍をとって「ドラゴン桜」だ。

そんな中、東大専科には天野(加藤清史郎)、菜緒(南沙良)、楓(平手友梨奈)に続いて、偏差値が学年最下位の瀬戸(髙橋海人)も加わった。

水野(長澤まさみ)は早速ミニテストを行うが、中学レベルの問題にも苦戦する専科メンバーに、桜木はSNSを活用した勉強法を打ち出す。

一方、理事長の久美子(江口のりこ)は専科に生徒が集まり始めたことに焦っていた。

もしも東大合格者が5人出たら辞任しなければならない。

早めに専科をつぶそうと、対抗する難関大コースを新設し、理系トップの秀才・藤井(鈴鹿央士)を引き入れる。

東大専科を見下す藤井に、桜木は「お前に東大は無理だ」と断言。

反発した藤井は東大の過去問を使った「東大専科」対「難関大コース」での勝負をもちかけ、負けた方のクラスは即廃止!

存続を賭けた勝負は3週間後。果たしてその行方は・・・!?

東大合格の第一条件は「己を知る」

受験で何よりも大事なのは「己を知る」こと――受験をテーマにした大人気漫画『ドラゴン桜2』の主人公・桜木建二は力説します。

『ドラゴン桜2 公式ガイドブック』から、昨晩放送のドラマでも紹介された東大受験のエッセンスを、一部編集してお届けします。

「己を知る」生徒こそ東大に受かる!

東大合格秘訣の第一条は……まず「己を知る」ことだ! 自分の学力を積極的に知ろうとする生徒が東大に合格する! 

弱点を「見ないフリ」「なかったことにする」のは諸悪の根源だ! 模試にせよ、学校の定期試験にせよ、だ。

結果を人に見せるどころか、自分でもロクに見ようとしていないのではないか? 
結果が期待値に達しない。それはよくあることだ。「なかったことにしたい」という気持ちも分かる。自分の実力がどんなものか、はっきり知るのは怖いもの。しかし学力を伸ばしたいなら、「見ないフリ」「なかったことにする」はいちばんの悪手だ。自分の力をきちんと知ろうとしない人間に、その先はない。

自分の学力が、現時点でどの程度なのか? 
受験生全体で見ると、どのくらいの位置にいるのか? 
どの部分の学力が足りていて、なにが足りないのか? 
それらを客観的に数値化して、正確に把握すること。それが受験勉強の第一歩だ。

自分の力を“なんとなく”“ぼんやり”と把握しているようでは、なにから手をつけたらいいのか分からない。まずは一点の曇りもないガラスのように、学力を可視化すること。そこから目を背そむけず、隅々まで見渡し、弱点をあぶり出す。そこまでできれば、あとは簡単だ。弱点をピンポイントで勉強し、潰していくだけでいい。ひとつ弱点を潰すごとに、成績は着実に伸びていく。

「弱さ」を受け入れ、「強さ」に変えてしまえ!

学力の正確な把握だけじゃ足りない。もうひとつ、自分の内面や置かれている環境を冷静かつ客観的に見ることも、受験を勝ち抜くために必要だ。そうしたものにちゃんと向きあっていれば、弱点があったとしてもカバーできる。

たとえば、『ドラゴン桜2』で東大理科二類に挑む天野はどうだったか? 彼の弱点は、本番で実力を発揮できない精神面の弱さだ。センター試験の過去問を、本番と同じ条件で解いただけで軽いパニックに陥り、さんざんな結果に終わる。完全なる失敗……。だがここで、自分のメンタルの弱さを把握し受け入れた天野に、桜木はこう言う。

「失敗したときは笑えっ!」

どんなに失敗しても笑い飛ばして、さっさと気持ちを切り替える。そして先に進む。大事なことは「次をどうするか」なのだ。「本番で点を取れればいい」という前向きな視点に立ち戻る。そのなかで天野は「自分は意外に図太い」という長所、強さを知る。

自分の力を確かめる。これはとても怖くて、できれば避けたいこと。しかし、そこから逃げていては、成功はつかめない。勇気を出して自分と向きあう。ダメな部分も自分で認める。受け入れて克服する。

弱さを知り、強さに変える―。

受験に勝つ者は、必ずこの方法論を身につけている。

まずは「強み」をとことん伸ばす

まずは生徒のストロングポイントをガッチリ固める! それが受験の王道! 得意分野を強化し伸ばす勉強をしたほうがよい。そして得意分野に磨きをかけ、波に乗れ! 

ものごとを成功させる最短の近道は、強みを最大限に活かすこと。

たとえばスポーツの世界が、まさにそうだ。豪速球を投げられたピッチャーが、投球の幅を広げるために変化球を教え込まれ、そのうちストレートに威力がなくなり、平凡な投手になってしまう……。こういったパターンをなんど見てきたことだろう。

勉強においてもしかり。得意分野を強化して伸ばす。それをなにより最優先にする。

考えてみよう。誰にだって苦手な分野はある。それを我慢して、すべての教科をまんべんなく勉強し、どうにか平均点が取れるようになったとする。苦手分野を克服するには大変な努力が必要だっただろうに、すべてが平均点に! すばらしい……。と、その程度で、合格できるだろうか? はなはだあやしい。

それよりも、自分に“得意”や“強み”があるならば、まずはそこを集中的に勉強し、とことん伸ばす。なぜならできることに磨きをかける作業は、できないことを無理してやるよりも、気持ちがずいぶん楽だから。波に乗って勉強すれば、効率がアップする。必ず効果が表れ、得意分野の成績がグッと底上げされる。同じ得点を稼ぐのに、得意分野を伸ばすのと、苦手分野を克服するのとでは、その労力に圧倒的な差が出る。

何度も言うようだが、「効率が悪いことはしない」のが受験の鉄則だ。

入試本番までの限られた時間を有効に使い、ラクに成果を上げるには、強みを活かすルートを選ぶのが正解だ。圧倒的な得意分野があるとなれば、気分的にも自信と余裕が生まれる。なにより「戦える!」という手応えを得られる。

さらにそうしたゆとりを持ったうえで、苦手分野に取り組めば、最低限どこまで得点できるようになればいいか、冷静な読みと判断ができるようになる。

続けてきた勉強の習慣、方法を信じろ!

戦略上の話だけでなく、実際の勉強方法についても、同じことがいえる。まずは自分の強みを活かした方法で進めるのがよい。

つまり、慣れ親しんだ方法で繰り返し学び直すということ。

昔から受験の格言に、「浮気性の受験生は落ちる」というものがある。あれやこれやいろんな教材に手を出したり、あちこちの塾に通ったり、腰が落ち着かない生徒は失敗するという意味だ。この格言は時を超えて真実だ。

受験情報が、これだけたくさん出回っている昨今である。それらが否応なく耳に入ってきて、振り回されそうになる。しかし、自分にあっていると思える教材や先生、長く続けている勉強習慣や方法を信じ、継続することは、受験勉強の土台、基礎になる。それがあって、はじめて意識や手法のアップデートが活きてくるのだ。

そうすればおのずと自分の好きなこと、得意なことが強化され、成績は確実に伸びていく。

努力できる脳/できない脳

人間の脳は努力できる脳と努力できない脳の二つに分かれることがわかった! これは先天的な要素が強く精神論でどうこうできる問題ではない。

まずは自分の脳のタイプを知れ! 

事実として言おう。人の脳には2種類ある。「努力できる脳」と「努力できない脳」だ。

簡単な見分け方がある。座った状態で、利き手ではないほうの手を机の上に置く。そして21秒間、小指で机を100回叩いてみよう。実際に今すぐやってみるといい。スタート! 

結果はどうだっただろうか? 実際に100回を達成できた、または100回を達成できなくても時間切れになるまであきらめずに取り組めた人は、「努力できる脳」の持ち主だ。逆に途中で「ダメだ、ムリ!」「いいや、もう」と、全力を出すのをやめた人は、「努力できない脳」ということになる。

「努力できる脳」と「努力できない脳」のうち、後者に振り分けられると、ショックかもしれない。しかし、この結果に落胆する必要はない。なぜなら、「どちらの脳が優秀か?」という話ではないからだ。そこにあるのはタイプの違いでしかない。ただ、どう対応すればよいかを考えるうえで、ぜひ知っておきたいことなのだ。

有利/不利より、大事なものがある!

「努力できる脳」の持ち主というのは、なにかを行うことで生まれる「報酬」や「成果」の感得機能が高い。つまり、自分がしたことに喜びを見つけ出すことが得意といえる。その一方で自分の行動について、損得勘定をすることが苦手であるともいえる。

受験勉強においては、コツコツ努力できる人が圧倒的に有利。だから「努力できる脳」を持っている人は、それだけでアドバンテージがある。それは事実だ。その性質を活かして、万事滞りなく計画どおりに進めればよい。

「努力できない脳」の持ち主は、この逆だ。ただ物事をこなすだけでは喜びを感じないし、自分の行動についての損得を冷静に考えてしまう。つまり、理由なく物事を続けるのは苦手だが、自分が深く納得したり、好きになったりしたことに対する集中力にすぐれている。このタイプは、ハマれば強い。そこをふまえて、受験勉強に自分なりの仕掛けを導入することをおすすめする。

たとえば、ポイント制を導入する方法がある。まず受験勉強の方針を立て、必要な行動をすべて書き出し、To Doリスト化する。その項目にポイントを付与し、完了するとポイントを得られると想定する。つまり受験勉強をゲーム化するのだ。誰かと競うわけではないが、そのゲームは充実感をもたらし、それは成績という結果につながるはずだ。

「努力できる脳」と「努力できない脳」。どちらかのタイプだけが受験に勝てるということはまったくない。大事なのはそのタイプに合わせた方法を選ぶということだ。

そもそも受験は、努力の量がすべてではない。もちろん一定の勉強量は必要とされるが、その勉強の質や方法論などさまざまな要素の組みあわせによって結果が出るものだと考えよう。

日曜劇場「ドラゴン桜」の動画配信はParavi(パラビ)で配信されています。

最終回後にディレクターズカット版が配信されると予想されるので、是非動画配信はParavi(パラビ)で楽しみましょう。

また、前作の「ドラゴン桜」も配信中です!

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場で放送される「ドラゴン桜2」は、当初はTBSの金曜ドラマで放送されていました。 今回はこの金曜ドラマで放送されていた頃の「ドラゴン桜」の1話から最終回結末までの全話のあらすじやネタバレ・感想、 ...

日曜劇場「ドラゴン桜2」東大専科キャスト

南沙良 役:早瀬菜緒(はやせ・なお)

何不自由なく愛情いっぱいに育ってきたが、今まで何かを頑張った経験がない女子生徒。

東大専科に入る。

南沙良コメント

原作も前作のドラマも拝見させていただいていたので、出演が決定した時はとてもうれしかったです。

阿部寛さん、長澤まさみさんを筆頭に錚々たる方々とお芝居をさせていただけること、とても光栄に思っています。

今までに挑戦したことのない役なので、私自身不安もありますが、頂いた役をどれだけ魅力的に広げることができるか、しっかりと真摯に向き合いながら、学び、吸収がある撮影期間にし、自分の扉を解放して、使える引き出しは全て使っていきたいと思っています。

撮影はこれからですが、感じ得るものが多い歩みになることを確信しています。

観てくださる方々に作品の素晴らしさを感じていただけるように、誠心誠意お届けしてまいります。

細田佳央太 役:原健太(はら・けんた)

とある問題を抱え周囲から孤立しているものの、昆虫が大好きな心優しき生徒。

東大専科に入る。

細田佳央太コメント

原健太役の細田佳央太です。

日曜劇場に出演することが1つの目標だったので、オーディションを経て、健太役に選んでいただけたと聞いた時はとてもうれしかったです。

僕が演じる原健太は、とある問題を抱えている少年です。

僕自身もそうですが、普段の生活の中で、他人と比べて劣等感を抱いてしまったり、何らかの壁があって生き辛く感じたりすることもあると思います。

しかし、だからといって自分の夢ややりたいことを、決して諦めたくはありません。

このドラマをご覧になって、また、健太という役を通して、どんなに高い壁があったとしても、夢を叶えるために頑張ろう!と前向きな気持ちを持っていただけたらうれしいです。

監督とお話しし、健太のイメージに近づけるように(体重を)増量し、これから髪も短く切って撮影に臨みます。

外見を変えることでの役作りは初めてで、身が引き締まる思いです。

一つ一つ丁寧に演じることを心掛けて頑張ります。是非、ご覧ください!

志田彩良 役:小杉麻里(こすぎ・まり)

成績は学園文系トップで優秀だが受験に興味がなく、卒業後は就職を考えている。

受験に興味がないのは一体なぜ?他の生徒とも、教師とも距離を置く彼女の秘密とは・・・。

東大専科に入る。

志田彩良コメント

オーディションで決まった時は信じられませんでした。本当にうれしいです。

出演させていただくからには小杉麻里として進路としっかり向き合いつつ、私自身も真剣に丁寧に役と向き合って、勉強をさせていただきます。

大先輩も同世代の皆さんもいらっしゃる現場で、自分にできることを一生懸命やりながら、たくさんの方にお届けできればと思っています。

鈴鹿央士 役:藤井遼

成績が学年トップ。

優秀ゆえに他人を見下す癖があり、周りから浮いている。

内に秘めた焦りや臆病な部分がある。

東大専科に入る。

鈴鹿央士コメント

日曜日に『ドラゴン桜』を観て、月曜日から頑張ろうと思っていただけたらいいなと思いますし、そこに自分が携われることを幸せに感じています。

世の中が大変な状況のなかで、受験生の方をはじめ、学生や社会人の皆さんを元気づけられる作品になるよう、頑張って演じていきます。

加藤清史郎 役:天野晃一郎

優秀な弟と常に比較され続けてきたため、劣等感がしみついている。

家族を見返したい気持ちはあるが勇気が出ない。

東大専科に入る。

加藤清史郎コメント

オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました。

天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。

他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の 一人として、精一杯、役を生きていきたいです。

平手友梨奈 役:岩崎楓(いわさき・かえで)

全国トップレベルのバドミントン選手として活躍している。

何事にも全身全霊で取り組む岩崎は、その期待に応えようとするがゆえに、大きな壁にぶち当たってしまう。

強豪校のバドミントン選手であり、悩み多き繊細な人物。

東大専科に入る。

平手友梨奈コメント

岩崎楓役を演じさせていただきます、平手友梨奈です。

楓という役をまだ把握しきれていないので、早い段階で見つけられるようにしたいと思います。

初めてのことだらけなので、すごく緊張していますが、この作品を通して何か響くものを届けられたらと思っております。

よろしくお願いします。

髙橋海人 役:瀬戸輝(せと・あきら)

学園近くのラーメン瀬戸屋の息子で、両親を亡くし1人で店を切り盛りする姉と一緒に暮らしている。

放課後に店の手伝いをするなど姉想いな高校生ではあるが、将来への夢や希望がなく、なんとなく店を継ぐのだろうと思っている。

そんな瀬戸を桜木はどのように“東大専科”へ招くのか、そこには世の中の理不尽に立ち向かう全ての人に送るメッセージが込められている。

髙橋海人コメント

たくさんの方に愛されている“日曜劇場”、そして当時両親と毎週楽しみに観ていた『ドラゴン桜』。

本作に出演させていただけると知ったときは、衝動的に両親にその喜びを報告してしまいました。

キャストのみなさん、監督、スタッフの方々からたくさんのことを学び、瀬戸輝という役に誠心誠意向き合い、悔いの残らないように挑み続ける、そんな撮影期間にしたいと思います。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場【ドラゴン桜】前作の全話あらすじネタバレ!山口智久や新垣結衣など主要キャスト情報含む

日曜劇場で放送される「ドラゴン桜2」は、当初はTBSの金曜ドラマで放送されていました。 今回はこの金曜ドラマで放送されていた頃の「ドラゴン桜」の1話から最終回結末までの全話のあらすじやネタバレ・感想、 ...

-ドラゴン桜2
-

© 2021 日曜劇場2021ネタバレの絵本