音楽の絵本WEB SHOP

木5でめぐろう 世界一周

 

 

今回の新譜は、木管五重奏の編成で全6曲。
日本で有名なあの曲から、タンゴやシャンソンなど世界のあちこちの有名曲を集めてみました。
一緒にめぐっていきましょう〜!


 
 ★6/10発売の新曲★

 

⚓楽譜『聖者の行進』(アメリカ)

聖者が爽やかに闊歩できそうなマーチのアレンジ。

アンコールにも最適です。

 

⚓楽譜『枯葉』(フランス)

シャンソンのスタンダードナンバー。

リズムが複雑すぎずアドリブもないので「ジャズはハードルが高い…」

という方にも取り組みやすい一曲です。

 

⚓楽譜『ハナミズキ』(日本)

2004年に発売され、オリコンの週間シングルランキングに

累計136週チャートインし続けたロングヒット曲。

 メロディーは大切な人への想いを込めて演奏してください。

 

⚓楽譜『シャンソンメドレー』(フランス)

「FROU FROU」「MON COEUR EST UN VIOLIN」「LE TEMPS DES CERISES」

「SOUS LES TOITS DE PARIS」の4曲がメドレーになっています。

美術館などのお洒落な空間で演奏するのにもとても合いそうです。

 

⚓楽譜『タンゴメドレー』(アルゼンチン&デンマーク)

タンゴの名曲「首の差で(Por Una Cabeza)」「ジェラシー(Jealousy)」の2曲のメドレー。

どちらも情熱的な曲なので、濃厚な表現で演奏してください。

 

⚓楽譜『庭の千草』(アイルランド)

アイルランド民謡。穏やかで温かい曲調が、優しい木管五重奏の音色にとてもマッチしています。

 

 

★まだまだあります…!

 木管五重奏アレンジ 世界の曲

 

楽譜『エンターティナー』(アメリカ)

ラグタイム王、スコット・ジョプリンの代表曲。

ラグタイムは、一説によると19世紀後半頃から、アフロ・アメリカンの

ミュージシャンが編み出した独特の演奏スタイルが従来のクラシック音楽のリズムとは違う

「遅い・ずれた」リズムと思われたことから「ragged-time」略して「ragtime」と呼ばれるようになったそう。

 

楽譜『ロシア五人組の芸術』 (ロシア)

19世紀後半のロシアの作曲家集団「ロシア五人組」の代表曲を一挙メドレーに仕立てました。

(グリンカ「『ルスランとリュドミラ』序曲」/リムスキー=コルサコフ「『シェヘラザード』より若き王子と王女」

ムソルグスキー「『展覧会の絵』よりプロムナード」/キュイ「『万華鏡』よりオリエンタル」

バラキレフ「交響詩『ルーシ』」/ボロディン「だったん人の踊り」)

 

楽譜『IT S A SMALL WORLD』(アメリカ)

小さな子どもからお年寄りまで耳なじみのあるメロディは、訪問演奏にも重宝します。

作曲者したシャーマン兄弟はアメリカ出身です。

 

楽譜『夢見るバクさん(子守歌メドレー)』 (ドイツ/オーストリア)

ブラームス、シューベルト、フリース(近年までモーツアルトの作品といわれていました)の

世界三大子守歌をとろけるようなホルンの音色でお届けしています。

あんまり心地よくて思わず演奏しているバクさんのように寝てしまいそう…。

 

楽譜『クラリネットをこわしちゃった』 (フランス)

日本の童謡ですが、フランスの歌曲「J’ai perdu le do」を基に作られています。

AndanteありAllegroあり、VivoやPrestoまで様々なテンポと雰囲気が感じられる楽しい1曲です。

 

楽譜『南の島のハメハメハ大王』(南の島!…ではなく日本)

国王、奥さん、子ども、さらには島民全体が「ハメハメハ」という名前の、不思議な南国の島の曲です。

 

 

★おすすめCD

CD『森のメリーゴーランド』

 

ズーラシアンブラスのなかま達 木管五重奏団「ズーラシアンウッドウインズ」のCD。

ご紹介した「夢見るバクさん(子守歌メドレー)」 も収録されています。